2017年03月22日

★夢を実現する今日の一言!

2月の抜粋
2/2 名案とは、あの手、この手 すべてやること
2/8 百万円あればできることは、別の方法を考えれば
百円でもできる
2/14 自分が楽をしようとすると 他人がうらやましくなる
自分が成長しようとすると 他人が手本に見える
2/15 何かが足りないことが、できない理由になるとしたら
思いが足りないだけ
2/20 幸せは、幸せと思う人を幸せにする
2/23 動かないと壁が見える、動くと道が見える


posted by 安川社長 at 15:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

★小山昇氏のメールマガジンより!

2月の抜粋(2/8より)
--------------------------------------------------------------------
【人間の差】は、【苦労の差】
--------------------------------------------------------------------

「人間の差」は、「苦労の差」です。
世間の人は、私のことを天才などと言いますが(笑)、
私は“努力ができる天才”なのだと思っています。

その努力は、“小さな部門で、量をたくさん”している。
これが、他の人ができないことなのです

私は、自分が非常に不器用だと、よぉ〜く知っています。
小学校の成績は、音楽1、国語は1か2でした。
それが今は、約60冊の本を出している(笑)
自分が努力をする」と決めている。

自分で執筆はしません。
それは、ライターと編集者がして、私は原稿の添削をする。
自分ができること”しかやらないのです。
P.192 No.1068 【人間の差】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
苦労の差です。

■書籍「増補改訂版 仕事ができる人の心得」より
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「苦労したいか、したくないか」と訊けば、みな「したくない」と答えます。
では、「今のままで良いか? 部長や本部長、役員になりたくないか?」と
訊けば、「なりたい」と答えます。

“出世はしたいけど、苦労はしたくない”のです(笑)
でも、課長や部長のことは「責任者」といいます。
「責任」とは、“経済的に損をする”ことです。

武蔵野で、一番! 経済的に損をしたのは、合計28枚もの始末書を書いた
故・西野與一が、圧倒的ナンバー1です。
壁にあちこち穴があいたら、すべて貼って塞げるくらい、たくさん書いている(笑)

その中には、流れ弾に当たってしまったのもあるけれど、それもやはり、
流れ弾が飛んでくる所に居たのが悪い(笑)、ということになります。

他の会社では文句を言えば許してもらえるかもしれないですが、
私は「当たったお前の、背が高い分だけ悪い」と(笑)
始末書の枚数分、西野は苦労をしています。

武蔵野の雰囲気が明るいのは、このように始末書を書かせたり、
理不尽な”ことをさせているからです。
ところが世の中の会社では、理不尽なことをさせてはいけないと思っています。

新卒採用においても、理不尽な思いを一度もしたことがない人は、全員不採用です。
採用されて、いまわが社に居る社員達は、どこでそれがわかったのか? 
わかっていないと思いますが、実は、自分で話をしているのです。
一番大切な最終面接において、その体験が出てくるまで、私はじっと我慢をして
聞いているのですが、待っていても出てこない人は、不採用です。

他の会社では、頭が良い、学歴がある、見立てが良い、等々を重視しますが、
私はそうではありません。
苦労をしているかどうか」…している人としていない人とでは、差があるのです。

「苦労をしたくない」、「苦労はイヤだ」と言って、楽なほうにばかり行く。
それは個人の自由ですが、「チャレンジしたい」と言うのであれば、
どんどん行かせます。

ポジションは、社長が決めるのではありません。
自分で決める”のです。
私が武蔵野に入社した時は、就職氷河期もあったものの、9年もかかって大学を
卒業したので(笑)就職試験に軒並み落ちて、「自分よりバカしかいない会社はないかなぁ〜?」と思って見つけたのが武蔵野だったのです(笑)

腹を決めて正社員になったのですが、私が入社した1年で40%もの人間が辞めてしまい、
また次の1年で40%。
2年目に私は、自分で名刺を作って、社長に「主任にさせて下さい!」と自己申告。

その後すぐ「課長で良いですね?」〜「部長で…」〜「常務で…」と、
すべて自分で社長に申告して昇格してきたのです(笑)
これ、本当の話。

その体験があったので、「ウチの親父は、いつまで経っても私を役員にしてくれない」
と嘆いていた人に「自分で、常務の名刺と専務の名刺と、ふたつを作り、
「名刺がなくなったので、新しい名刺を作って持ってきました」と言って、
お父さんの所に持って行けば良い」とアドバイスしました。

私は常務だろうと予想していたのですが、親はやはり甘くて(笑)
「専務」を選んだのです。
それで、晴れて専務になった。
これも、本当の話(笑)

その手で社長になられた方も、たくさん居ます(笑)

みなさんも、自分にまわってきた苦労は、逃げないで立ち向かいなさい

どうやったら解決できるか? と迷ったら、私に聞きに来れば良いのです。

(ある朝の早朝勉強会にて)

参考: 小山昇の実践用語集(ビジネス用語CD・DVD)
posted by 安川社長 at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

★夢を実現する今日の一言!

1月の抜粋
1/12 今日という一日を、自分らしさで彩る
1/13 一人ではできないことを
一人でやり抜く覚悟に、人が集まる
1/18 できると信じるか、やらないで終わるか
1/19 答えのない、問題はない
1/24 楽しいのは、結果が出るまで
努力している時間
1/30 できそうなことは、すぐにやる
できそうもないことは、一生かけてやる
1/31 不可能なことなんて、そうそうあるもんじゃない
posted by 安川社長 at 14:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

★小山昇氏のメールマガジンより!

1月の抜粋(1/11より)
--------------------------------------------------------------------
【生意気な社員の育て方】
--------------------------------------------------------------------
あなたが社長なら、生意気なヤツと生意気でないヤツ、どちらを管理職にしまか?

普通の会社の社長は、生意気でない方にしますが、私は、生意気な方を選びます。

長所も欠点もない人よりは、“欠点のある人の方が、磨き方によっては大成する”と経験的に覚えているからです。

欠点の多い人が活きる【小さな範囲】で仕事をさせれば良い。
大きな範囲では活かせないけれど、小さな範囲なら、全く問題はありません。
P.187 No.1041 【生意気】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
自分を買いかぶっている、うぬぼれ屋さん。どこにも1人や2人はいるものです。
教育してもなおるものではない。自分でつまずいて思い知るしかない

■書籍「増補改訂版 仕事ができる人の心得」より
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
武蔵野で「生意気」といえば、誰でしょうねぇ〜?

平林? 志村? 大森?
本人達は、他の人に「生意気」と思われていると、自覚はあるでしょうか?(笑)

ウチの会社にも居ますが、どこの会社にも居ます。

「生意気」は、教育して直るものではありません。
「自分でつまずいて思い知るしかない」のです

まず、大森は、「社長の私を信用していなかった」ので、ラスベガス研修に行った時に、
カジノの奥の方でチマチマと賭けていた。
それを捕まえてきて「この台でやれ」と座らせ、“10万円当てさせて”信用させた。

また、経営サポート事業本部に異動して来て運営を担当していた時に、懇親会で
お客様対応を三根に任せて、自分だけ酒を飲んでいた。
この話を、みんなの前でずぅ〜っと私が言い続けたことによって、「これではダメだ」
と気づいたのです。

武蔵野では、業績(数字)が高ければ、課長にします。
お客様に対する感度がない人は、部長には上げません。
上げた後で感度がないことがわかれば、すぐに下げます。

志村も、痛い思いをしっかりさせて、自分で思い知って、そして、生意気さがなくなりました。

生意気な人は、つまずかせるしかないのです。

生意気な相手をつまずかせる力がない人は、私に言って下さい。
徹底的にやっつけてあげます(笑)

会社が潰れたとしても、その人を更生させます。
大丈夫!

(ある朝の早朝勉強会にて)

参考: 小山昇の実践用語集(ビジネス用語CD・DVD)
posted by 安川社長 at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

★夢を実現する今日の一言!


12月の抜粋
12/3 迷ったら、戻ればよい 
12/8 精一杯生きると、なくなるものが一つある
それは、後悔

12/12 すべての人生に、いつも大逆転のチャンスがある
12/13 歩いた分だけ、前に進む
努力した分だけ、人生は変わる

12/20 決めるだけ、やるのか、やらないのか、決めるだけ
12/21 これは何のチャンスだろうと考える
12/29 最強とは、毎日やること
posted by 安川社長 at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

★小山昇氏のメールマガジンより!

12月の抜粋(12/21より)
--------------------------------------------------------------------
【なかなか変えられない】のは【変えたくない】から
--------------------------------------------------------------------
「なかなか変えられない」と言う人は、変えられないのではなく、
【自分が変えたくない】のです(笑)

会社で新しいことを始めると、幹部が全員反対します
私自身も、改革や、新しいソフト、IT機器の導入等々、いろいろやってきましたが、
賛成されたことは、過去に一度も! ありません。

社員が反対する理由は「面倒くさい」からです。
経理の電子化を例にとれば、変わりたくないから「面倒くさい」。
でも、変えた後は全員「こんな便利なものはない」と言う(笑)
2週間経って「元のペーパー(紙)に戻そうか?」と訊いたら、全員「イヤだ!」
と言いました。

経理以外でも、仕組みを変えた後、2週間〜1ヶ月経って「元に戻そうか?」
と訊くと、みんな「イヤだ!」と言いました(笑)

社長も、幹部も、社員も、「面倒くさい」から「変わりたくない」のです。
P.187 No.1037 【なかなか変えられない】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
変えたいという気持ちはあるが、基本的には、現状を維持しようという決心なのです。

■書籍「増補改訂版 仕事ができる人の心得」より
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第三支店の坂本は、面倒くさいから、営業もやりたくないのでしょうね
「課長」の肩書が付いた新しい名刺を、はがきの裏に貼り付けて、
自宅に送ってあります。
「親展」と書いてあるので、奥さんは見ないから大丈夫(笑)。
「手当は上がります」「賞与も上がります」と、いろいろ書いておいてあげたから、
家庭内ミーティングができて良いと思う。

以前、寺島にも同じようなはがきを送ったのですが、奥さんが、夜中まで3時間! 
もミーティングをしてくれたという。

坂本は、その名刺を捨てずに済むよう、そのまま使えるようにして下さい。
気持ちではダメなのです。

現状維持とは、「やりたくない」ということ。行動パターンは、
変えられない=変えたくないのです

村岡も、はがきが必要なら、注文をいただければ、良いのを書いてあげます。

成績が上がった人には、はがきは行きません。

遠山宛のはがきも持っていて、本人に「どうしようか?」と訊いたら「送らなくて良い」と…。
でも、期限があり、成績が上がらない場合は、ポストの中に落ちてしまう可能性が、
かなりあります。

(ある朝の早朝勉強会にて)

参考: 小山昇の実践用語集(ビジネス用語CD・DVD)
posted by 安川社長 at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

★夢を実現する今日の一言!

11月の抜粋
11/7 練習で大切なこと、本気の練習
11/15 負けてはならない相手は、自分だけ
11/17 じっとしている人には、ずっと同じ景色が見える
歩き続けている人には、ずっと新しい景色が見える
11/22 うまくいかなかった時のために
あらかじめ決めておくことがある
それでも続けるのか
あきらめるのか
11/29 つまらないと思うことも
とことんやると楽しくなる
11/30 本気になると
どんなに忙しくても
もっとできる気がする
posted by 安川社長 at 15:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

★小山昇氏のメールマガジンより!

11月の抜粋(11/30より)
--------------------------------------------------------------------
「会社の利益はどこにある?」
--------------------------------------------------------------------
「世の中」と「お客様」は、必ず変わります。
多くのかたは、自分(自社)を変えずに、ヒトを変えようとするけれど、
それでは絶対に利益にありつけません。
武蔵野が成長しているのは、お客様の声を聞いたり、お客様の都合に合わせたり、
もっと言うなら、世の中の都合に合わせて、会社の仕組みを変えてきたからです。
就職活動で見ると、消費税増税前、学生は自分の意思で会社を選んでいました。
いま「ゆとり世代」で育った学生達は、自分の意思で会社を選ぶのは2割以下。
8割の学生は、自分で判断ができないのです。
それは【スマホのせい】です。
スマホに情報がたくさん来る、情報が多すぎて判断ができない。
どれを選んだら良いかが、わからなくなってしまう。
そこで、コンサル会社に聞くのです
「どこの会社を選んだら、良いですか?」と。
「武蔵野が良いです」と言われると、武蔵野に来る(笑)
このように、世の中は変わっているのですよ。
P.184 No.1024【富】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
マーケットにあります。
■書籍「増補改訂版 仕事ができる人の心得」より
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
会社の利益はどこにあるかというと、“社内にはない”のです。
「マーケット=市場」にしかありません。

ですから、社内に居ていろいろ仕事をしていても、会社の業績は変わらないと
いうことです。
これは、どんな業態でも、同じです。
例えば、ラーメン店で「お店を出したからもう大丈夫」と思っていてはダメ。
お店ができても、そこにできたということを誰も知らないのですから
新しくお店ができたら、チラシを配ります。
その一回で終わりにしてしまうことが多い。

ところが、“5年間で3割の人が引っ越し”してしまうのです。
よって、新しい3割の人達は、そこにラーメン店があるということさえ知らない。
ですから、常に宣伝し続けなければダメなのです。

経営サポート会員の「Nラーメン」さんも、大宮の駅前にお店があるのですが、
あまり売れていなかった。
そこにラーメン屋さんがあると知られていなかったからです

そこで、社長に「通りの入口に大きい看板をひとつ出したら良い」と
アドバイスをしてその通りにしたら、売上が倍以上になりました。
利益も、すごく出ています。

【利益はマーケットにあった】のです。
お客様に知っていただく活動をしない限り、業績は上がらないのです。

(ある朝の早朝勉強会にて)

参考: 小山昇の実践用語集(ビジネス用語CD・DVD)
posted by 安川社長 at 11:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

★夢を実現する今日の一言!

10月の抜粋
10/6 うまくいっている時ほど、本気になる
10/14 大きな壁を見たら、その先にある
大きな感動を思う
10/18 本当に大切にしたいことを、大切にしながら生きる
10/25 どんな苦しみも、過去になる
どんな出来事も、思い出になる
いろんなことがあって、人生ができる
10/26 厚さ1ミリの紙
1回折れば2ミリになる
2回で4ミリ
3回で8ミリ・・・
22回で4000メートル以
富士山より高くなるんだ!
posted by 安川社長 at 14:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

★小山昇氏のメールマガジンより!

10月の抜粋(10/19より)
--------------------------------------------------------------------
【1】小山昇が斬る! 本日のカン違い
「売上年計はグラフ化することが大切である」
--------------------------------------------------------------------

多くの会社は、単月の売上で物事を見ていますが、8月は売れて、冬は売れないと
いうような“季節変動の多い”会社は特に、会社の業績が伸びているかどうかが
わかりづらいので、1ヶ月ごとの移動累計をとっていくと、季節変動がなくなります。
それを「年計」にするのですが、数字だけを見ていても、何もわかりません。

それを、さらに「グラフ」にすると、パッと見た瞬間に「あ、下がっている」、
「上がり始めた」ということがわかります。
下がり始めた時はブレーキ、上がり始めた時はアクセル】です。

そうすると、他社とは“9ヶ月間のアドバンテージ”ができる。
1ヶ月ではわかりませんが、3ヶ月で傾向値がわかります。

ブレーキをかけるのも、アクセルを踏むのも“9ヶ月早い”ので、
その差が業績の差】になるのです。
武蔵野の業績が良いのは、売上年計を“グラフで見て”判断をしているからです。


P.179 No.992【転換点】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.年計グラフが緩やかになり始めたら、頂上または谷が近いことを示している。
2.年計が下がり始めたら、経費を見直す。
3.年計が上がり始めたら、販売を強化する。
 ※書籍にはグラフ掲載

■書籍「増補改訂版 仕事ができる人の心得」より
CCCメディアハウス刊
https://goo.gl/TKDTHf
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

武蔵野の「年計グラフ」は、社長室に掲示してあります。
「年計表」と「年計グラフ」は違います。
「表」だと意味がわからないけれど、「グラフ」なら“見ればわかる”のです。
[1.年計グラフが緩やかになり始めたら、頂上または谷が近い]。
[2.年計が下がり始めたら、経費を見直す]…会社としてブレーキを踏まなければ
ならない。
[3.年計が上がり始めたら、販売を強化する]

データを入れてあれば、年計グラフは、コンピュータで自動的に作ることができます。
でも、ダメ! です。
人間は、他人がやった事、コンピュータがやった事は、頭に入りません。
人間は、自分の手と身体を動かしてやった事ではないと、頭に入らないのです。

この早朝勉強会でも、わが社の社員だけでなく、なぜ、日本全国の会社から来た
みなさんが参加しているのでしょうか? 

ビデオで見ても同じだと思うかもしれませんが、違うのです。
ビデオは、見れば寝ます(笑)

だから、今日ご参加の他社のみなさんは、社長から「ビデオを見ておけ!」
と言われたら、「はいっ!」と返事をしてビデオは見ないのが正しい(笑)
感想文を出す必要があるのなら、前に書いた人のを見て、真似して書いて
出せば良い(笑)

こうして、アナログでこの場に居るのが良いのです。
イヤイヤでも(笑)成績は上がるのです。

人間というのは、下り坂に居ると、ずぅ〜っと下っているように感じてしまいます。

ところが、上がり始めて3ヶ月連続で上がったら、それからは、ずぅ〜っと
上がるのが普通です。
そこでしなければならないのが、【アクセルを踏む=販売を強化する】ことです。

「年計表」だけで見ているライバル会社は気づかないので、こちらには9ヶ月の
アドバンテージがあることになる。
だから、勝つのです。

私は、社長室にある「年計グラフ」を見て、上がっていれば「もっとお金を使って、
販売促進をしなさい!」と指を示します。

経営サポート事業部も、そうして上がってきましたが、ここ数年間で新しいことと
いえばラジオ。
ラジオNIIKEI第一」で、毎週木曜日12:15〜12:30「小山昇の実践経営塾」を
放送しています(2011年5月5日〜現在に至る)。

当初はおつきあいで始めて、「こんなことをしても、売上には関係がない」と思っていたのですが、その番組を聴いたM社長が、武蔵野のお客様になって下さいました。

私は「こんなこと?!でも、経営サポート会員が増えるのだ!」と思い、
「もう1年」したら、また増え、「もう1年」してまた増えて、…そうして、
いままで続けているのです

伸びている時にお金を使えば良い」と教えてくれるのが、「年計グラフ」です。
「表」で見ていたのではわからない。
「グラフ」にすることが、ひじょうに大切なのです。

(ある朝の早朝勉強会にて)

参考:小山昇の実践用語集(ビジネス用語CD・DVD)
https://goo.gl/2Zxo7L


posted by 安川社長 at 18:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする