2016年01月20日

★夢を実現する今日の一言!

12月の抜粋
12/1 他人のことを、心の底から喜ぶ

12/4 うまくいかなかったら、反省する
うまくいったら、反省する

12/8 すべての困難には、意味がある

12/15 あなたの声、あなたの表情、あなたの雰囲気
すべてあなたにしかできないこと、個性こそが魅力

12/16 どちらかが柔らかければ、ぶつかっても大丈夫だよ!

12/22 人の思いは、無限の力

posted by 安川社長 at 10:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

★小山昇氏のメールマガジンより!

12月の抜粋(12/16より)
--------------------------------------------------------------------
【1】小山昇が斬る! 本日のカン違い
「新事業を立ち上げても、業績は上がらない!?」
--------------------------------------------------------------------

今回のテーマは「新事業」です。

新しいことは、体験がないので失敗します。

野球のボールを天に向かって放り投げたら、しばらくは上昇する。
けれど、ある程度まで行ったら、必ず落ちてきます。
だから会社が良い時に、次のボールを投げなければならないのです。

できることなら、会社には【5本の柱】があったほうが良い。
5本の柱があれば、1本欠けたとしても2割だから、会社はびくともしません。
そのために、新しい事業を作って行かなければならないのです。

【利益が出ている時に新しい事業に投資する】こと。
多くの場合、会社の業績が悪くなっている時に新事業を立ち上げようとする。
だから、間違う/失敗するのです。


--------------------------------------------------------------------
P.129 No.0728 【新事業】
いい時代は長続きはしない。よい時に、次の手を打っておく。
明日開く花として、未来の成長分野で開発を行う。
新事業は創造である
失敗もある。失敗の次は革新につながる。
失敗を恐れずに挑戦し、同じ失敗を繰り返さないように歯止めをする。
現在マーケットがない分野に進出してはいけない。

■書籍「増補改訂版 仕事ができる人の心得」より
CCCメディアハウス刊
http://goo.gl/j12bLR
--------------------------------------------------------------------


「現在マーケットがない分野に進出してはいけない」

その昔、わが社は、マーケットのない分野に進出してしまった。

どんな事業だったでしょうか? 
それは、クリエイト事業部です。

この事業部は、マーケットがない上に、ライバルも居なかった。
結果、3億2,000万円の損をしました。

他にもまだあります。ボイスメール事業部です。
これも、マーケットがないところに進出したので、3億円以上も損をしました。

でも、この事業はガマンにガマンを重ね(笑)、いままで投下した3億円は
すべて回収しました。
現在は黒字事業になっています。
マーケットがない分野に進出するには、会社に相当の力がないと(利益が出ていないと)、
できないということです。

もうひとつ、なぜクリエイト事業は失敗したのか? 
マーケットがなかったのが一番、二番目は、【優秀な課長3人】で始めたからです。
それは【社長の驕り】でした。

その失敗があったので、経営サポート事業部は、【上から3人】でスタートしました。

結果、経営サポート事業部は、ダスキン事業部と並ぶ売上をあげるまでになりました。
ですから、相当の人とお金を突っ込まなければ、新規事業はうまく行きません。

どのように行なったら良いか? は、次回配信の【新市場への進出】で紹介します。
(ある朝の早朝勉強会にて)


参考:小山昇の実践用語集(ビジネス用語CD・DVD)
http://www.m-keiei.jp/wp?wp_ct=28

posted by 安川社長 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする