2016年02月21日

★夢を実現する今日の一言!

1月の抜粋
1/8 毎日、同じことを、毎日、新しい気持ちでする
1/12 困るのは、成長するため

1/13 努力は、未来を変える
1/21 習慣を変えることは、すべての未来を変えること

1/25 変わるなら、今

1/28 自分を変えることは、すべてを変えること



posted by 安川社長 at 17:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

★小山昇氏のメールマガジンより!

1月の抜粋(1/27より)
--------------------------------------------------------------------
【1】小山昇が斬る! 本日のカン違い
「心配性は、余計な仕事をつくる!?」

--------------------------------------------------------------------

今回のテーマは「心配症」です。

何か問題があったとして、どんなに心配をしても、物事は解決しません(笑)。

心配をするよりも、アクションを起こした方が良いのです。

「リーマンショックで、先行きが不安」とか、「消費税が上がる」…等々。
私は、そういう考えを持ったことは、一度も! ありません。

【与えられた条件で、どうしたらできるか】を考えなければいけない。
ただ心配していても、なにも変わらないではないですか。

そのうち歳をとって死んじゃいます(笑)。

--------------------------------------------------------------------
P.134 No.0748【心配症】
余計な仕事をつくってしまう。
それを何もわからない人に引き継ぐのでコストアップになる。

■書籍「増補改訂版 仕事ができる人の心得」より
CCCメディアハウス刊
http://goo.gl/629fNl
--------------------------------------------------------------------

「大丈夫かな?」と心配する人が多く居ます。

ウチの家内も、娘が学習塾に通っている頃、終わるのが夜8時だから、
帰りが心配だと言っていました。
そんなに心配するのなら、夜8時に学習塾まで行って、出てきたらピックアップ
して連れて帰ってくれば良いのです。
心配をするとは、余計な仕事を作るということです。

会社でも同じです。

やらなくてもいい仕事をやっていて、それを引き継くと、後任はそれが正しい仕事だと
思ってしまいます。
ですから、心配だったら、まず【身体を動かす】こと。

世の中は、リーマン・ショックとか、バブルとか、東日本大震災とか、増税とか。
どこの会社の社長も社員も、みんな大丈夫か? と不安に思っています。

私は、一度もそんな心配をしたことがありません。
【困ったことがあったら、お客様のところに行って聞いてくれば良い】のです。


マーケットはなくならないのだから。
心配して余計な仕事をあれこれするよりも、【お客様に聞く、現場に行く、同行を
すれば良い】のです。

店長時代に私は、ずっと同行をしていました。
中嶋が、ちゃんとレンタルをしているかどうか、信用していなかったので(笑)。

当時、私は、競馬をやっていて双眼鏡を持っていたので、歩道橋の上で見ていた
のです。
どういうルートで回り、何時頃通過するかがわかっています。

お客様のマットを交換した後、そのマットを踏みつけていないかどうかも、
見ていました(笑)。
中嶋だけではなく、部下全員です。

ルートマンが帰ってきて、「○○さん、ちゃんとレンタルやってきた?」と訊くと
「はい、やってます」と答えます。
「△△さんのお店でマットを踏みつけていたじゃないか!」と言うと「ぇぇえっ!?…」と(笑)。

このように、私は、店長時代【すべて現場でチェック】をしていたのです。

(ある朝の早朝勉強会にて)


参考:小山昇の実践用語集(ビジネス用語CD・DVD)
http://www.m-keiei.jp/wp?wp_ct=28



posted by 安川社長 at 12:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする