2016年05月22日

★夢を実現する今日の一言!

4月の抜粋
4/7 悩むこと自体が、成長
4/13 理屈は、理屈で返される
信頼は、信頼で返される
4/15 夢が、決意に出会うと
現実に変わる
4/20 決意をすると、他人の批判が
アドバイスに聞こえる
4/25 思ったことは今日やる
明日は忘れているから
4/26 楽をしたいと思えば、辛いことばかり
成長したいと思えば、学ぶことばかり
4/28/ 難題に
降参するか、興奮するか
posted by 安川社長 at 10:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

★小山昇氏のメールマガジンより!

4月の抜粋(4/13より)
--------------------------------------------------------------------
【1】小山昇が斬る! 本日のカン違い
「小山流 セミナーの受講のポイント」

--------------------------------------------------------------------

景気が良い時は多くの人がセミナーに行くのですが、「勉強した」ことを
喜んでいるだけ(笑)。
いくら勉強をしても、人生は変わらないし、会社の業績も変わりません。

多くの勉強をするよりも、勉強をした中で「一番簡単なこと/小さなこと」
実行し、変え続けていくほうが正しいのです。

今年1月7日、大阪の倉庫業の社長さんと、新幹線でバッタリ逢いました。
「10年間ずっと業績が上がり続けていたのですが、前月がほんの少しだけ、
前年より下がった」と言われました。

私が「上がり続けていた時代と、今とでは、時代が変わっているから
そのやり方ではダメ。
こういう風にした方が良い」とアドバイスをすると、Tさんは、その場で
すぐ会社に電話連絡をし、「今日から変えます!」と言いました。

きっと、すぐにでもまた、業績が上がるでしょう。

私は「“自社の強み”をお客様に伝えていないですよね?」と言いました。

自社では当たり前になっている【お客様に見て欲しい情報】を伝えずに、
昔の「成長していた時代」を説明しているので、そこにギャップがある。
お客様は、伸びていた時代のプレゼンテーションではなく、
【いま、成績が良い】ことを知りたいのだと…。

この“ギャップを変える”ことが大切なのです。
そうしなければ、聞いている方が、何の説明をしているのか、
よく分からないのです。

P.146 No.0813【セミナー】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
安心を買いに行く。
身につかないのは自分のことに置き換えて聞かなかったり、
勉強になったことをその日のうちに実行しないからです。
勉強しても聞きっぱなしでは、時間と費用のムダです。

■書籍「増補改訂版 仕事ができる人の心得」より
CCCメディアハウス刊
http://goo.gl/QDTa0v
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

セミナー会社が儲かるのは、世の多くの会社が儲かっている時。

「お金が余っているから、勉強しようかな」となる(笑)。
本当は、反対なのですけれどね

私が、以前勉強をしていたセミナー会社は、当時、大盛況でした。
今はお客様が少ないですが(笑)。

受講者はみな「勉強すること」が目的で、おまけに社長“だけ”が
参加しています。
そして、東京の人と地方の人とでは、どちらが業績が上がったかというと、
地方の人です。

初日13時から始まり、その日は宿泊し、翌日またセミナーがあります。
地方から来た人は泊るので、同じく地方から来た人を探して一緒に食事を
して情報交換をしたり、友達ができたりします

東京の人は、自宅に帰りますから、その日学んだことを、その日のうちに
実行しません。
だから、地方の人の会社の方が、業績が上がるのです。

昔、一倉定先生のセミナーを受講した時に配られたのは、とても分厚い
テキストでした。
その日に勉強した3ページだけを破りとり、残りを会場ホテルのゴミ箱に
捨てようとしました。(笑)
さすがにそれはマズイと思い、東京駅まで持ち帰り、ゴミ箱にどん! と
捨てました。

そして私は、持ち帰った3つの「やさしいこと」だけを実行したのです。

本を読む時、マーカーで線を引く人が居ます。
線を引くこと自体は良いのですが、“その本をもう一度”読み直すのはダメ
です。

線を引いた本は置いておき、一年経って同じ“新しい”本を読みもう一度
新たにマーカーで線を引くのです。

前の本と新しい本とで、線を引いているところが違ったら、自分が成長
できたことが確認できる「仕組み」です。

それをケチって、一度マーカーした本をもう一度読む。
すると、そのマーカーにとらわれて、自分がどれくらい成長したかが
分からなくなってしまう。

なぜ自分が成長するために、1,500円を投資できないのでしょう?
たった1,500円で、それが分かるのに。

もし、同じ箇所に線を引いたなら、自分が全然成長していないと
教えてくれる。
逆に、まったく違うところに線を引いたなら、この一年で自分が成長した!
と分かるのです。
(ある朝の早朝勉強会にて)

参考:小山昇の実践用語集(ビジネス用語CD・DVD)
http://www.m-keiei.jp/wp?wp_ct=28

posted by 安川社長 at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする