2017年01月19日

★夢を実現する今日の一言!


12月の抜粋
12/3 迷ったら、戻ればよい 
12/8 精一杯生きると、なくなるものが一つある
それは、後悔

12/12 すべての人生に、いつも大逆転のチャンスがある
12/13 歩いた分だけ、前に進む
努力した分だけ、人生は変わる

12/20 決めるだけ、やるのか、やらないのか、決めるだけ
12/21 これは何のチャンスだろうと考える
12/29 最強とは、毎日やること
posted by 安川社長 at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

★小山昇氏のメールマガジンより!

12月の抜粋(12/21より)
--------------------------------------------------------------------
【なかなか変えられない】のは【変えたくない】から
--------------------------------------------------------------------
「なかなか変えられない」と言う人は、変えられないのではなく、
【自分が変えたくない】のです(笑)

会社で新しいことを始めると、幹部が全員反対します
私自身も、改革や、新しいソフト、IT機器の導入等々、いろいろやってきましたが、
賛成されたことは、過去に一度も! ありません。

社員が反対する理由は「面倒くさい」からです。
経理の電子化を例にとれば、変わりたくないから「面倒くさい」。
でも、変えた後は全員「こんな便利なものはない」と言う(笑)
2週間経って「元のペーパー(紙)に戻そうか?」と訊いたら、全員「イヤだ!」
と言いました。

経理以外でも、仕組みを変えた後、2週間〜1ヶ月経って「元に戻そうか?」
と訊くと、みんな「イヤだ!」と言いました(笑)

社長も、幹部も、社員も、「面倒くさい」から「変わりたくない」のです。
P.187 No.1037 【なかなか変えられない】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
変えたいという気持ちはあるが、基本的には、現状を維持しようという決心なのです。

■書籍「増補改訂版 仕事ができる人の心得」より
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第三支店の坂本は、面倒くさいから、営業もやりたくないのでしょうね
「課長」の肩書が付いた新しい名刺を、はがきの裏に貼り付けて、
自宅に送ってあります。
「親展」と書いてあるので、奥さんは見ないから大丈夫(笑)。
「手当は上がります」「賞与も上がります」と、いろいろ書いておいてあげたから、
家庭内ミーティングができて良いと思う。

以前、寺島にも同じようなはがきを送ったのですが、奥さんが、夜中まで3時間! 
もミーティングをしてくれたという。

坂本は、その名刺を捨てずに済むよう、そのまま使えるようにして下さい。
気持ちではダメなのです。

現状維持とは、「やりたくない」ということ。行動パターンは、
変えられない=変えたくないのです

村岡も、はがきが必要なら、注文をいただければ、良いのを書いてあげます。

成績が上がった人には、はがきは行きません。

遠山宛のはがきも持っていて、本人に「どうしようか?」と訊いたら「送らなくて良い」と…。
でも、期限があり、成績が上がらない場合は、ポストの中に落ちてしまう可能性が、
かなりあります。

(ある朝の早朝勉強会にて)

参考: 小山昇の実践用語集(ビジネス用語CD・DVD)
posted by 安川社長 at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする