2017年05月22日

★夢を実現する今日の一言!

4月の抜粋
4/5 問題が起きた時の言葉 「チャンス!」
忙しい時の言葉 「やめられない!」
どうしていいかわからない時の言葉 「楽しい!」
気分が変われば、結果が変わる
4/7 始めないことには 始まらない
4/14 いつも二人の自分がいる
できないと思ってあきらめる自分
できると思ってあきらめない自分
選ぶのも自分
4/17 面倒なことから始めれば すべてうまくいく
4/26 決意を阻むのは 自分だけ
4/28 困難も関係ない 問題も関係ない
本気になると関係ないものが増える

posted by 安川社長 at 12:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

★小山昇氏のメールマガジンより!

4月の抜粋(4/26より)
--------------------------------------------------------------------
「本業以外で利益をあげようとするのは間違い」
--------------------------------------------------------------------
私は、自分の会社のことでもよくわからないのに、他の会社の株を買うなどと
いうことはありません。

自社のことがわからないのに、他社の株がいくらになるか? 
なんて、天文学的にわかるはずがないからです
それよりも、自分のできることをやったほうが良い。

博打といえば、金融商品

今でしたら「ブラジル社債」を買えば、日本の国債を買うよりは良い、
などと言われますが、ブラジルは、もうオリンピックが終わってしまったのだから、
先が見えている。
ブラジルに限らず、どの国でも、オリンピックが終わったら下がるのです。
10年、20年かかる建設を1年でしてしまうのですから。

日本でもそうです。

札幌冬季五輪のあとも、長野冬季五輪のあとも、広島のアジア大会後も、
例外なく、すべて下がりました。

2020年東京オリンピックは、既存施設を活用する予定のままなら、
下がるのは案外少ないかもしれません。

本業以外、博打には手を出しません
個人で馬券を買う時には、金額を決めて遊んでいれば良い。

わが社の社員は、馬券を買う時に10,000円以上使うので、
みな、年間を通して負けてしまいます。

私は、馬券を買う時は10,000円以下と決めています。だから、毎年“黒字”。
重賞レース1レースで、馬単を2点買いして、1年間で3回当たると元がとれます。
万馬券がとれれば1回(笑)

「負けない馬券の買い方」と「負ける馬券の買い方」の差です。
P.200 No.1102 【博打】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
身を滅ぼす。本業(仕事)以外で利益を上げようとするからです。
個人は小遣いの範囲で程々にやることです。
社長が金融商品に手を出すと必ず失敗する。
プロでもなかなか儲からない

■書籍「増補改訂版 仕事ができる人の心得」より
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
博打をすると身を滅ぼします。
本業以外で利益を上げようとするのはダメです。

端的に表したのが「バブル」の頃。
土地がバブルになり、多くの会社が失敗しています。
だいたい引っかかるのは、優秀な会社、業績の良い会社ほど引っかかります。

わが社は、なぜ引っかからなかったのでしょうか?
平成3年、私はクリエイト事業部を失敗して大損しました。
3億円以上の損をしたので「だるまさん」状態。
手も足も出なかったので、世はバブル真っ盛りだったのだけれど、
被害に遭わないで済んだのです。

クリエイト事業部の大損がなければ、手を出して、いまは会社がないくらい損を
していると思います。

人間というのは、何が幸いするかわからない…と、つくづく思います(笑)
3億の損害で済んで良かったなぁ〜と。

個人の博打は、小遣いの範囲内でやること。
勝負すると、必ず! 負けます。

わが社の社員がラスベガスに行って必ず負けるのは、「5万円を50万円にしよう!」
と思うからです。

私がラスベガスに行く時は、ポケットの中に無造作に“ドルで100万円分”入っています。
だからと言って、社員は私を襲わないように(笑)

100万円持っている私の方針は「5万円」。
5万円だけ稼ごうとしているから、1/10(10分の1)の努力だけすれば良い。
10倍の努力をするのと、1/10の努力では、1/10の努力のほうが簡単です。
だから、私は、いつも勝つ! いつも勝つというのは、そういうことです。

ラスベガスに行って、ブラックジャックに6人を座らせ、3回連続、
そのテーブルに居た全員を勝たせた実績があります。

自分だけ勝つのは、誰でもできる。
テーブルに居る人全員を勝たせるのは、技術がなければできません。
全員を勝たせますが、長くはやらせません。
長くやると負けるから。

勝因は? 一番弱いディーラーとやることです。
いきがって強いディーラーに挑戦するから負けるのです。
ラスベガスのディーラーは、何千人も居る。
強い人も居れば、弱い人も居るのだから、弱い人とやれば良い。

また、ディーラーは、強い人と弱い人の組み合わせになっていて30分ごとに替わる。
だから、強い人の時には、最低の枚数を賭けて遊んでいて、弱い人に替わったら
勝負に出るのです。
ディーラーのレベルが同じだと思っているから、負けてしまう。
強いか弱いかがわからないから、賭け方を間違えてしまうのです。

だから、「大きく儲けよう」などと考えてはいけません。

社長が金融商品に手を出すと必ず失敗する」

バレンタインデーのチョコレートブームを作ったと言われているS社の社長が、
財務担当者とともに金融商品に手を出し、その後のリーマンショックで引っかかって、
超超有名企業がなくなってしまいました。
【本業以外で儲けてはいけない】のです。

私の自宅にも、「○○の株が良いのですが、買いませんか?」という電話が、
よくかかってきます。
「儲かります」と言うので、「それなら、あなたが借金して買いなさい」と言ってあげると、
「失礼しましたぁ〜!」と言って、電話は切れます(笑)
儲からないから売りつけている”のです。

博打は、「プロでもなかなか儲からない」ものなのです。
社長にとっての一番の博打は【会社】です。
「どの事業をやるか」これで決まってしまう。

次の博打は【採用】です。
ある年の「内定者セールス研修」の成績が悪かったのは、ひとえに当時採用担当を
していた守屋の責任。
始末書だな(笑)

(ある朝の早朝勉強会にて)

参考: 小山昇の実践用語集(ビジネス用語CD・DVD)
posted by 安川社長 at 11:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする