2017年09月15日

★夢を実現する今日の一言!

8月の抜粋
8/3 不測の事態に、混乱するか、興奮するか
8/8 できたことが、自信になる
できなかったことが、成長になる
8/14 不満があるほど、その場で成長できる
8/17 迷ったら、元に戻る
8/22 感謝するほど、ありがたいことが増える
8/25 幸せは、感謝する人に集まる

posted by 安川社長 at 13:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

★小山昇氏のメールマガジンより!

8月の抜粋(8/30より)
--------------------------------------------------------------------
「教える人が一番勉強になる」
--------------------------------------------------------------------
誰しも勉強は嫌いです
でも、勉強をさせる方法があります。
それは、“先生をさせる”こと。
人に教えるためには、まず自分が勉強をしなければならないからです。

わが社では『個人教室』をたくさん開催しています。
社員が社員に教えるのですが、ウロ覚えの知識では、教えることはできません。
だから、勉強をする。
“教える人が一番勉強になる”のが、『個人教室』です。
そして、テキストは、【現在やっている仕事】です。
P.218 No.1206 【勉強】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
あるレベルになるまでは、勉強嫌いが普通です。
教える人が一番勉強になるものです。
仕事を教材にしないと、ムードだけで、お金と時間の無駄づかいです。

■書籍「増補改訂版 仕事ができる人の心得」より
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
勉強が好きか? 嫌いか? 「勉強と遊びのどちらが好き?」と聞けば、
どの人も「遊びのほうが好き」と答えるでしょう。

でも、勉強とは、“教える人が一番勉強になる”ものです。
わが社で、その勉強会はなにか? と石川に聞くと、
「はい、『個人教室』です」と、
(まるで、打ち合わせでもしたかのように)即答しました。
すばらしい! 石川は、武蔵野の宝です(笑)
そう! “教える人が一番勉強になる”のは、『個人教室』です。

その『個人教室』では、【仕事を教材】にしたほうが良い。
良いことを教えるのではなく、“仕事を教材にして教える”ことが一番なのです。

(ある朝の早朝勉強会にて)

参考: 小山昇の実践用語集(ビジネス用語CD・DVD)
posted by 安川社長 at 14:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする