2016年11月02日

★小山昇氏のメールマガジンより!

10月の抜粋(10/19より)
--------------------------------------------------------------------
【1】小山昇が斬る! 本日のカン違い
「売上年計はグラフ化することが大切である」
--------------------------------------------------------------------

多くの会社は、単月の売上で物事を見ていますが、8月は売れて、冬は売れないと
いうような“季節変動の多い”会社は特に、会社の業績が伸びているかどうかが
わかりづらいので、1ヶ月ごとの移動累計をとっていくと、季節変動がなくなります。
それを「年計」にするのですが、数字だけを見ていても、何もわかりません。

それを、さらに「グラフ」にすると、パッと見た瞬間に「あ、下がっている」、
「上がり始めた」ということがわかります。
下がり始めた時はブレーキ、上がり始めた時はアクセル】です。

そうすると、他社とは“9ヶ月間のアドバンテージ”ができる。
1ヶ月ではわかりませんが、3ヶ月で傾向値がわかります。

ブレーキをかけるのも、アクセルを踏むのも“9ヶ月早い”ので、
その差が業績の差】になるのです。
武蔵野の業績が良いのは、売上年計を“グラフで見て”判断をしているからです。


P.179 No.992【転換点】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.年計グラフが緩やかになり始めたら、頂上または谷が近いことを示している。
2.年計が下がり始めたら、経費を見直す。
3.年計が上がり始めたら、販売を強化する。
 ※書籍にはグラフ掲載

■書籍「増補改訂版 仕事ができる人の心得」より
CCCメディアハウス刊
https://goo.gl/TKDTHf
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

武蔵野の「年計グラフ」は、社長室に掲示してあります。
「年計表」と「年計グラフ」は違います。
「表」だと意味がわからないけれど、「グラフ」なら“見ればわかる”のです。
[1.年計グラフが緩やかになり始めたら、頂上または谷が近い]。
[2.年計が下がり始めたら、経費を見直す]…会社としてブレーキを踏まなければ
ならない。
[3.年計が上がり始めたら、販売を強化する]

データを入れてあれば、年計グラフは、コンピュータで自動的に作ることができます。
でも、ダメ! です。
人間は、他人がやった事、コンピュータがやった事は、頭に入りません。
人間は、自分の手と身体を動かしてやった事ではないと、頭に入らないのです。

この早朝勉強会でも、わが社の社員だけでなく、なぜ、日本全国の会社から来た
みなさんが参加しているのでしょうか? 

ビデオで見ても同じだと思うかもしれませんが、違うのです。
ビデオは、見れば寝ます(笑)

だから、今日ご参加の他社のみなさんは、社長から「ビデオを見ておけ!」
と言われたら、「はいっ!」と返事をしてビデオは見ないのが正しい(笑)
感想文を出す必要があるのなら、前に書いた人のを見て、真似して書いて
出せば良い(笑)

こうして、アナログでこの場に居るのが良いのです。
イヤイヤでも(笑)成績は上がるのです。

人間というのは、下り坂に居ると、ずぅ〜っと下っているように感じてしまいます。

ところが、上がり始めて3ヶ月連続で上がったら、それからは、ずぅ〜っと
上がるのが普通です。
そこでしなければならないのが、【アクセルを踏む=販売を強化する】ことです。

「年計表」だけで見ているライバル会社は気づかないので、こちらには9ヶ月の
アドバンテージがあることになる。
だから、勝つのです。

私は、社長室にある「年計グラフ」を見て、上がっていれば「もっとお金を使って、
販売促進をしなさい!」と指を示します。

経営サポート事業部も、そうして上がってきましたが、ここ数年間で新しいことと
いえばラジオ。
ラジオNIIKEI第一」で、毎週木曜日12:15〜12:30「小山昇の実践経営塾」を
放送しています(2011年5月5日〜現在に至る)。

当初はおつきあいで始めて、「こんなことをしても、売上には関係がない」と思っていたのですが、その番組を聴いたM社長が、武蔵野のお客様になって下さいました。

私は「こんなこと?!でも、経営サポート会員が増えるのだ!」と思い、
「もう1年」したら、また増え、「もう1年」してまた増えて、…そうして、
いままで続けているのです

伸びている時にお金を使えば良い」と教えてくれるのが、「年計グラフ」です。
「表」で見ていたのではわからない。
「グラフ」にすることが、ひじょうに大切なのです。

(ある朝の早朝勉強会にて)

参考:小山昇の実践用語集(ビジネス用語CD・DVD)
https://goo.gl/2Zxo7L


posted by 安川社長 at 18:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。