2017年06月04日

★小山昇氏のメールマガジンより!

5月の抜粋(5/10より)
--------------------------------------------------------------------
「働くとは、粗利益額を上げること」
--------------------------------------------------------------------
「働く」とは、「成果を出す」ことです。
多くの方が、朝9時に出勤してタイムカードを押し、17時にまた押して帰ると
「あぁ〜今日も働いた」と思うのですが、なにも成果を出していない場合は、
給与だけを払っているので、それは【コスト】になります。
わが社では、『EG』を活用して、一人一人が「成果を出せる」仕組みにしています。
『EG(エマジェネティックス)』とは、最新の脳科学をベースとした
心理測定ツールです。
詳細はこちら
P.200 No.1107 【働く】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
会社に出勤してくることではありません。
粗利益額を上げることです。
粗利益額を上げないで、ただ動き回っていると、コストが上がるだけです。

■書籍「増補改訂版 仕事ができる人の心得」より
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「会社に出勤してくることではありません」とありますが、そうは言っても、
私も、アルバイトから含めて武蔵野の社員になった当初は、「会社に来るのが仕事」
思っていました(笑)
そういう意識の社員ばかり居た当時の武蔵野は、儲かっていませんでした
社員も、幹部も、みんな「出勤することが仕事」だと思っていたから…。
いまの武蔵野では、「粗利益額を上げること」が「働くこと」と明確にしています。
間違えてはいけません、「売上を上げること」ではありません。
「売上を上げる」でいえば、昔、こんなことがありました。
お中元・お歳暮で、お客様を訪問した際、「ダスキンさん、こんな花なんか持って
来なくていいから、もっと安くしてくれ」と言われたのです。
当時のお中元・お歳暮訪問は、「売上高順」でした。
その数年後、「粗利益高順」に変えると、そのお客様の所を通り過ぎるので
「あのお客様に行かなくて良いのか?」と聞くと、「社長、あのお客様は赤字です」と言う。
「うそっ?! 赤字?!」
なんと、そのお客様には、“仕入価格よりも安く”売っていたのでした。
ほんと、社長がバカだと、会社の業績は上がらないのだと、よぉ〜くわかりました(笑)
「売上」を上げれば成績が上がるので、その営業マンは、値引きをしてたくさん
売っていたのです。
でも、そいつは正しい。
そういうトンマな仕組みを作って評価をしていた社長が、おバカだった、、、という話。
“仕組みが悪い”と、会社の業績は上がらない! のです。
仕組みを見直して、「粗利益額を上げる」ことにしました。
国分寺支店で担当していた、ある上場企業のお客様は、当初、ダスキン本社の補填が
あったので損益分岐点を越えていたのですが、それがなくなり、早く出勤しなければ
ならないので残業代は付くわ、そのために早朝勉強会には出られない、、という状態
だったので、消費税増税を機に「25%の値上げ」を提案して、お客様のほうから“断って”
いただきました。
こちらから断るのと、お客様から“断っていただく”のとでは、「天国と地獄の差」です。
「御社は粗利益がマイナスなので、取引はやめて下さい」などと言ったら、
えらく時間がかかってしまいます。
高い金額を提案すれば、お客様は「そんな金額はダメ」と言って、ライバル会社に行きます。
ライバル会社も、粗利益が上がらない赤字の価格で契約しますが、そのお客様は、
とにかく大量なので、結果、投資がかさんで利益が回収できなくなるでしょう。
わが社では、「どうしたら粗利益額が上がるか」ということが大切です。
利益にならない仕事を一生懸命やっても、コストが上がるだけ。
結果、みんなが疲れる。
疲れても、利益がないので、給料も賞与も上げることができない。
だから、ダメなお客様は、「勇気を持って断っていただくようにする」ことが正しいのです。
(ある朝の早朝勉強会にて)
参考: 小山昇の実践用語集(ビジネス用語CD・DVD)
posted by 安川社長 at 13:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。