2016年04月02日

★ 小山昇氏のメールマガジンより!

3月の抜粋(3/23より)
--------------------------------------------------------------------
【1】小山昇が斬る! 本日のカン違い
「人生の評価は誰がする!?」
--------------------------------------------------------------------

今回のテーマは「世間体」です。
自分の人生が良くなる/良くならないかは、他人が決めるものではありません。
自分で決めるのです。

自分が「どのようになりたいか」を常に思っていなければ、楽な方に行って
しまいます。
「子供ができたから…」とか「こうなりたい!」と思っていれば、イヤなことでも
進んでやります。
他人から見て「それはつらいだろう」と思われることでも、できるようになるのです。

私は、他人にどう思われようが、あまり気にしません。
「自分が、こういうふうになりたい」、「こうしたい」と思っている先に向かっているので、
どんなことでも苦になりません。

人がどういう評価をしても、また、人の評価とは変わるものなので、気にしていても
しょうがないのです。

P.144 No.0799 【世間体】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
会社のためとか、主人・子供のためとか、周りばかり気にしていて、自分の意志のままに
生きない人。

自分の意志に従って生きると波風が立つので、世間に合わせるのが結局一番楽だと
いうことにしてしまう人です。

■書籍「増補改訂版 仕事ができる人の心得」より
CCCメディアハウス刊
http://goo.gl/f41XKJ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【自分の意志】で成績を上げなければいけません。

「成績はどうだ?」と訊くと、「上がっていません」の返事。
「上がっていない」のではなく、「上げていません」と言うのが正しい(笑)。

凧だって糸をひっぱり続けなければ上がらない。
放っておけば、落ちてくるのです。

「一生懸命やる」だけでは、評価しません。
「一生懸命やって成績が上がらない人」と、「適当にやって成績が上がる人」とでは、
どちらを評価するか?
後者に決まっています。

【数字が人格】です。

“適当に”とは、成績が上がるように努力をしているということ。

成績を上げるには、テリトリーを狭くして深くすること。
広く浅くして、サボってはいけないのです。
(ある朝の早朝勉強会にて)


参考:小山昇の実践用語集(ビジネス用語CD・DVD)
http://www.m-keiei.jp/wp?wp_ct=28

posted by 安川社長 at 13:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

★ 夢を実現する今日の一言!

2月の抜粋
2/2 すべては準備
2/5 答えは、いつもシンプル
2/12 できる確率より、できる信念
2/18 最も強いのは、楽しんでいる人
2/19 気にするのは、失敗の数よりも学びの数
2/23 一番の気分転換は、前向きに考えること
2/24 人は挑戦している時、最も輝いている


posted by 安川社長 at 12:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

★小山昇氏のメールマガジンより!

2月の抜粋(2/3より)
--------------------------------------------------------------------
【1】小山昇が斬る! 本日のカン違い
「最初から、完璧なプログラムを作ってはいけない!?」
--------------------------------------------------------------------

今回のテーマは「新プログラム」です。

みなさんの会社は、プログラムを作ることが目的になっていませんか?

わが社では、「最初から完璧なプログラムはできない」というところから
スタートしました。
今でも、「バグがあるのは、正しい」と思って使っています。
【使いながら変えていけば良い】という考え方です。

この「使いながら、どんどん変える」やり方でなければなりません。
それは、プログラマーが、自分の書いたプログラムやデータをどこに書いて
おいたかが分からなくなってしまうからです。
だから、いつもプログラムを書き換えさせることが大切なのです。

私が一番使っている『社長の決定ソフト』も、一年に一度バージョンアップ
させています。
長い付き合いのプログラマーが、「また変えるのですかぁ〜?」と怒るのですが、
「お前の会社の売上を上げているのだぞ!」と言っています(笑)。

バージョンアップで、プログラムやフォーマットを書き換えさせると、
頭の中にもう一度、全部データが入るから忘れないのです
これは、非常に大切なこと。

伊勢神宮や出雲大社は、20年に一度作り変えをしています。
そうしないと、技術が継承できないからなのです。

わが社のプログラムの書き換えと同様、意味のあることなのです

--------------------------------------------------------------------
P.134 No.0751(0687) 【新プログラム】
すぐに使用して、使い勝手をチェックする。
時間がたつとプログラマーの記憶が薄れ、手直しに時間がかかる。
6ヵ月経過すると、新しいプログラムを組むのと同じ時間がかかる。
具合が悪かったら、すぐに言う。

【新しいプログラム】
        1ヵ月     2ヵ月     6ヵ月
プログラマー⇒全部覚えている だいぶ忘れた ほとんど
                      覚えてない

 使う人  ⇒使いにくいと  やっと言う
       思っていても
       だまっている

■書籍「増補改訂版 仕事ができる人の心得」より
CCCメディアハウス刊
http://goo.gl/BHWcDK
--------------------------------------------------------------------

いま、わが社で、FileMakerを使った新しいプログラムが動いています。
新しいプログラムをすぐ使用して、使い勝手が悪かったら、すぐ文句を言う人と、
まぁ〜良いかとそのまま使っている人とでは、前者が正しい。

文句を言わなければ、プログラマーはプログラムを直しません。
わが社のプログラムの使い勝手が良いのは、不具合があったらすぐ直すからです。

世間の会社のオフィスコンピュータは、キーボードが基本ですが、わが社は、
社内ではキーボード、現場ではiPad miniです。
そのiPad miniで、ルートの人達が現場で精算や棚卸ができるように、
現在、一億円をかけてプログラムを開発しています。
実際は、一億もかからないのだけれど、「一億!」と言えばやらざるを得ないから(笑)。

ダスキンの交換をして、ルートがすべて予定通りに終わったら、そのままiPadに
タッチをすれば精算が終わるというシステムです。
今までは、会社に帰って来てからだった精算業務を、すべてそういう仕組みに変えます

棚卸も同様に、いままで3時間半もかかっていたのが、短縮できるようになります。

いま、システム部の須貝がそれを作っています。
須貝は、以前ダスキンでレンタルをしていたから、仕事が分かっています。

仕事が分かっている人にプログラムを組ませているから、わが社のプログラムは
動くし、使い勝手が良いのです。
ダメな会社は、仕事が分かっていないソフト会社に頼むから、動かないし、
よくわからないのです。

わが社のシステム部に居る人間は全員、ダスキンの現場を経験させています。
高橋も、橋本もそうです。
他にもまだ何人か、プログラマーにしようと思っている人が居ます。

【一番に仕事を覚える、二番目にプログラムを組む】。
コンピュータはあとで良い、仕事を覚えるのが先です。

(ある朝の早朝勉強会にて)



参考:小山昇の実践用語集(ビジネス用語CD・DVD)
http://www.m-keiei.jp/wp?wp_ct=28


posted by 安川社長 at 14:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

★夢を実現する今日の一言!

1月の抜粋
1/8 毎日、同じことを、毎日、新しい気持ちでする
1/12 困るのは、成長するため

1/13 努力は、未来を変える
1/21 習慣を変えることは、すべての未来を変えること

1/25 変わるなら、今

1/28 自分を変えることは、すべてを変えること



posted by 安川社長 at 17:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

★小山昇氏のメールマガジンより!

1月の抜粋(1/27より)
--------------------------------------------------------------------
【1】小山昇が斬る! 本日のカン違い
「心配性は、余計な仕事をつくる!?」

--------------------------------------------------------------------

今回のテーマは「心配症」です。

何か問題があったとして、どんなに心配をしても、物事は解決しません(笑)。

心配をするよりも、アクションを起こした方が良いのです。

「リーマンショックで、先行きが不安」とか、「消費税が上がる」…等々。
私は、そういう考えを持ったことは、一度も! ありません。

【与えられた条件で、どうしたらできるか】を考えなければいけない。
ただ心配していても、なにも変わらないではないですか。

そのうち歳をとって死んじゃいます(笑)。

--------------------------------------------------------------------
P.134 No.0748【心配症】
余計な仕事をつくってしまう。
それを何もわからない人に引き継ぐのでコストアップになる。

■書籍「増補改訂版 仕事ができる人の心得」より
CCCメディアハウス刊
http://goo.gl/629fNl
--------------------------------------------------------------------

「大丈夫かな?」と心配する人が多く居ます。

ウチの家内も、娘が学習塾に通っている頃、終わるのが夜8時だから、
帰りが心配だと言っていました。
そんなに心配するのなら、夜8時に学習塾まで行って、出てきたらピックアップ
して連れて帰ってくれば良いのです。
心配をするとは、余計な仕事を作るということです。

会社でも同じです。

やらなくてもいい仕事をやっていて、それを引き継くと、後任はそれが正しい仕事だと
思ってしまいます。
ですから、心配だったら、まず【身体を動かす】こと。

世の中は、リーマン・ショックとか、バブルとか、東日本大震災とか、増税とか。
どこの会社の社長も社員も、みんな大丈夫か? と不安に思っています。

私は、一度もそんな心配をしたことがありません。
【困ったことがあったら、お客様のところに行って聞いてくれば良い】のです。


マーケットはなくならないのだから。
心配して余計な仕事をあれこれするよりも、【お客様に聞く、現場に行く、同行を
すれば良い】のです。

店長時代に私は、ずっと同行をしていました。
中嶋が、ちゃんとレンタルをしているかどうか、信用していなかったので(笑)。

当時、私は、競馬をやっていて双眼鏡を持っていたので、歩道橋の上で見ていた
のです。
どういうルートで回り、何時頃通過するかがわかっています。

お客様のマットを交換した後、そのマットを踏みつけていないかどうかも、
見ていました(笑)。
中嶋だけではなく、部下全員です。

ルートマンが帰ってきて、「○○さん、ちゃんとレンタルやってきた?」と訊くと
「はい、やってます」と答えます。
「△△さんのお店でマットを踏みつけていたじゃないか!」と言うと「ぇぇえっ!?…」と(笑)。

このように、私は、店長時代【すべて現場でチェック】をしていたのです。

(ある朝の早朝勉強会にて)


参考:小山昇の実践用語集(ビジネス用語CD・DVD)
http://www.m-keiei.jp/wp?wp_ct=28



posted by 安川社長 at 12:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

★夢を実現する今日の一言!

12月の抜粋
12/1 他人のことを、心の底から喜ぶ

12/4 うまくいかなかったら、反省する
うまくいったら、反省する

12/8 すべての困難には、意味がある

12/15 あなたの声、あなたの表情、あなたの雰囲気
すべてあなたにしかできないこと、個性こそが魅力

12/16 どちらかが柔らかければ、ぶつかっても大丈夫だよ!

12/22 人の思いは、無限の力

posted by 安川社長 at 10:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

★小山昇氏のメールマガジンより!

12月の抜粋(12/16より)
--------------------------------------------------------------------
【1】小山昇が斬る! 本日のカン違い
「新事業を立ち上げても、業績は上がらない!?」
--------------------------------------------------------------------

今回のテーマは「新事業」です。

新しいことは、体験がないので失敗します。

野球のボールを天に向かって放り投げたら、しばらくは上昇する。
けれど、ある程度まで行ったら、必ず落ちてきます。
だから会社が良い時に、次のボールを投げなければならないのです。

できることなら、会社には【5本の柱】があったほうが良い。
5本の柱があれば、1本欠けたとしても2割だから、会社はびくともしません。
そのために、新しい事業を作って行かなければならないのです。

【利益が出ている時に新しい事業に投資する】こと。
多くの場合、会社の業績が悪くなっている時に新事業を立ち上げようとする。
だから、間違う/失敗するのです。


--------------------------------------------------------------------
P.129 No.0728 【新事業】
いい時代は長続きはしない。よい時に、次の手を打っておく。
明日開く花として、未来の成長分野で開発を行う。
新事業は創造である
失敗もある。失敗の次は革新につながる。
失敗を恐れずに挑戦し、同じ失敗を繰り返さないように歯止めをする。
現在マーケットがない分野に進出してはいけない。

■書籍「増補改訂版 仕事ができる人の心得」より
CCCメディアハウス刊
http://goo.gl/j12bLR
--------------------------------------------------------------------


「現在マーケットがない分野に進出してはいけない」

その昔、わが社は、マーケットのない分野に進出してしまった。

どんな事業だったでしょうか? 
それは、クリエイト事業部です。

この事業部は、マーケットがない上に、ライバルも居なかった。
結果、3億2,000万円の損をしました。

他にもまだあります。ボイスメール事業部です。
これも、マーケットがないところに進出したので、3億円以上も損をしました。

でも、この事業はガマンにガマンを重ね(笑)、いままで投下した3億円は
すべて回収しました。
現在は黒字事業になっています。
マーケットがない分野に進出するには、会社に相当の力がないと(利益が出ていないと)、
できないということです。

もうひとつ、なぜクリエイト事業は失敗したのか? 
マーケットがなかったのが一番、二番目は、【優秀な課長3人】で始めたからです。
それは【社長の驕り】でした。

その失敗があったので、経営サポート事業部は、【上から3人】でスタートしました。

結果、経営サポート事業部は、ダスキン事業部と並ぶ売上をあげるまでになりました。
ですから、相当の人とお金を突っ込まなければ、新規事業はうまく行きません。

どのように行なったら良いか? は、次回配信の【新市場への進出】で紹介します。
(ある朝の早朝勉強会にて)


参考:小山昇の実践用語集(ビジネス用語CD・DVD)
http://www.m-keiei.jp/wp?wp_ct=28

posted by 安川社長 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

★夢を実現する今日の一言!


11月の抜粋
11/6 毎日、自分にスイッチを入れる
スイッチは勝手に切れているから

11/16 今日は、昨日の自分の結果
明日は、今日の自分の結果

11/18 気分は、明日になれば変わる
明日も変わらないのは、

11/20 失敗の中にこそ、新しい発見がある
11/26 環境が壁になっているのではなく
自分の習慣が壁になっている


posted by 安川社長 at 13:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

★小山昇氏のメールマガジンより!

11月の抜粋(11/4より)
--------------------------------------------------------------------
【1】小山昇が斬る! 本日のカン違い
「失敗を恐れて行動しない人は、人生で最大の失敗をする!」
--------------------------------------------------------------------

今回のテーマは「失敗(2)」です。

新しいことは、誰でも失敗します。
「0(ゼロ)から1になる」のと、「1から2になる」のとでは違います。
体験がないことについては、最初は失敗するのです。
多くの人が「私は失敗したくない」と言って、何もやらないのですが、
それが【人生で最大の失敗】です。

私が、今年の3月に発刊した『小山昇の失敗は蜜の味(日経BP社/240ページ
/1,620円)』という本の中に、【4億円を騙された話】が書いてあります。
この本を出すまで、その話を知っていたのは“たった4人”。
ごく少数の人だけでした(笑)。

騙されはしたのですが、運が良かったのは、B/S(貸借対照表)に「負債」として
載っていなかったので、金融機関に気づかれずに済んだことです(笑)。
それが、私の数多い失敗の体験から得た「騙されかた」のうまいところ(笑)。

失敗をした体験があると、リスクを背負う時も、このように回避できるのです。
体験がないと、ダメージ100%! です。
「ダメージ100%」の人と、「ダメージ受けても、60、70、80%」の人では、
後者のほうが良いのは当たり前(笑)。

そういう面では、若いうちの失敗は、買いたくはないと思うけれど、
買ってでもすることです。

--------------------------------------------------------------------
P.107 No.0604 【失敗(2)】
[1]未来へつなげるものです。
[2]多い人ほど成功する
[3]6回チャレンジすると成功の確率が99%にもなる。

■書籍「増補改訂版 仕事ができる人の心得」より
CCCメディアハウス刊
http://goo.gl/WimtGy
--------------------------------------------------------------------

失敗しない方法があります。
それは、なんにもやらないこと(笑)。

何もやらなければ失敗はしませんが、人生としては失敗です。

それ以上成長しないから。
失敗は、未来につながる。
一歩前進です。


「0(ゼロ)」から「1」になったのです。
一番大変なのは、この「0(ゼロ)から1になる」こと。
「1」 から「2」、「2」から「3」は、誰でもできる。
一番大変な「0(ゼロ)から1」は、“誰かがやってうまく行っていることを、
そのまま真似をする”こと。
それが、未来につながるのです。
私は67歳ですが、失敗は世界一! たくさんの失敗をしています。
成功は、ちょっとだけ(笑)。
でも、多くの失敗があるから、自分のことでも他人のことでも「これは失敗する」
とわかるのです。

物事がうまくいく確率とうまくいかない確率は、50%です(1回目)。
この50%がまた、25%と25%になり(2回目)、次は25%の半分で13%と
12%(3回目)になる。
その半分が6%と6%(4回目)、3%と3%(5回目)、2%と1%(6回目)……と、
6回目は、99%の確率でうまくいく(成功する)のです。
物事を突き詰めて考えている人の場合は…。

ところが、「なぜダメだったか」「なぜ売れなかったか」ということを、みな考えない。
「ライバル会社から奪って、新規の契約がとれた」から「うれしかった」で
終わってしまっている。

私なら「なぜ、私どもに変えて下さったのですか?」とお客様にお聞きします。
「営業の私が熱心だったから……」という点と、「ライバル会社の担当者がいい加減
だったから……」という、二つの局面があります。

もちろん「商品が良かった」ということもありますが、その点をお聞きしなければ、
意味がありません。
【重要成功要因】を聞き出せた人と、たまたま運悪く(良く?)契約できた人とでは、
その差は大きいのです。
お客様を何軒か訪問し、ここは確率が高い、ここは低いと思ったら、高いほうに
行かなければいけません。
時間が限られているのですから


失敗を未来につなげる人と、つなげない人では、大きく違います。


「契約がとれた」〜「うれしい」では、役に立ちません。
 いつも言うように(笑)、ただ「パチンコで勝ったぁ〜!」では、役に立たない。
自分の未来につながっていないのだから。

(ある朝の早朝勉強会にて)


参考:小山昇の実践用語集(ビジネス用語CD・DVD)
http://www.m-keiei.jp/wp?wp_ct=28


posted by 安川社長 at 16:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

★夢を実現する今日の一言!

10月の抜粋
10/9 明日はいつも、明るい日

10/13 やる気がない時は、
感謝の気持ちを忘れている
10/20 できない時間にこそ、成長がある
10/21 意義を忘れると、自信がなくなる
10/22 決めたら、逃げない
言い訳しない、止まらない


posted by 安川社長 at 16:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする